抗アレルギー薬.com

抗アレルギー薬の有効性について

アレルギーとは埃や花粉などが体に入ってきた際、それを排除しようと体の免疫物質が過剰に反応を起こすことです。

抗アレルギー薬はそういったアレルギー症状を引き起こすヒスタミンなどの化学伝達物質に対して、働きを抑制するものです。
アレルギー反応には喘息や蕁麻疹など様々ですが、多くはヒスタミンやロイコトリエンなどの炎症化学物質が原因です。
その働きを抑えたり、血管への放出、末梢神経への伝達を防ぎアレルギーの発症を予防するのが抗アレルギー薬の仕組みです。
例えば喘息の場合、アレルギー体質の人もそうでない人も気管支内でアレルギー炎症が起こることが発作とされています。抗アレルギー薬はこの炎症を抑えることで、喘息発作の発症を予防しています。

抗アレルギー薬は長期管理の予防薬です。基本的に即効性はなくアレルギー症状が出てから服薬してもすぐに治るということはありません。効果が出るまでは一定期間服薬し続ける必要があり、1か月ほど経てば効果は見られるので、あまり長く使っても効果が出ない場合は他の薬に変えた方が良いです。
どの薬も単独での抗炎症作用は強くないので、症状によってはステロイドなど他の薬と併用されることがよくあります。

また、抗アレルギー薬は使い始めて効果が出て、炎症症状が出なくなったとしても服薬を止めるとまた元の状態に戻り症状が出始めることがよくみられます。
完全に過敏性が改善したという判断が必要になりますので、服薬を止めるには医師の判断が必要です。

抗アレルギー薬は長期管理薬であり、副作用は少ないです。
ただし、全くないというわけではなく、吐き気などの胃部不快感や、くしゃみ・鼻水に使用される抗ヒスタミン作用のある薬は眠気や倦怠感を伴いますので昼間の服用の際は注意が必要です。